つなごう医療 中日メディカルサイト

はしか患者 昨年分上回る 163人、海外での感染起点

(2017年7月1日) 【中日新聞】【夕刊】【その他】 この記事を印刷する
はしか患者数の推移

 はしかの今年の患者数が163人となり、関西空港で集団発生があった昨年1年間の159人を既に上回ったことが国立感染症研究所の調査で分かった。海外で感染した人を起点とした集団発生が各地で起きている。ワクチン接種の徹底によって過去最低の35人だった2015年から一転し、2年連続の増加。対応を怠ると再び流行国になる恐れがあるとの指摘も専門家から出ている。

 東南アジアや欧州で患者が増えており、海外に行く人が増える夏休みを控え、感染研の多屋馨子(けいこ)室長は「ワクチンを2回受けていない人は、今のうちにぜひ接種をしてほしい」としている。

 感染研によると、6月18日現在で最も多いのは山形県の53人。続いて三重県の22人、東京都17人、広島県の11人となる。東海地方では愛知一人、岐阜ゼロ、滋賀一人。感染したとみられる国はインドネシアが最多で、そのほかタイやマレーシア、シンガポールなどが報告されている。

 山形県で3月、インドネシアから帰国した男性の感染が判明し、5月に終息するまで患者が相次いだ。三重県は2月に集団発生を確認。広島県でも2月に発生、保育園児などに患者が出た。

 日本は08年に1万人以上のはしか患者が報告されるなど、かつては「はしか輸出国」との批判を受けた。だが、その後の対策が功を奏し、15年に世界保健機関(WHO)から土着のウイルスによる感染がない「排除状態」と認定された。

 ただ東京医科大の浜田篤郎(あつお)教授は「対応を怠ると、日本も再びはしか流行国になるだろう」と懸念を示す。浜田教授によると、20代後半〜30代の人は過去に一度しかワクチンを受けていない人が多く、免疫が不十分な可能性がある。流行地に行く場合は抗体の検査を受けて接種を検討するなど、注意が必要だ。

 はしか 麻疹(ましん)ウイルスを原因とする感染症。主な症状は発熱や発疹で、肺炎や脳炎などの合併症を起こして死亡することもある。空気感染するなど感染力が非常に強いため、マスクで防ぐことは難しく、ワクチンの予防接種が有効な手段となる。確実に免疫をつけるためには2回の接種が望ましいとされ、現在は2回の定期接種が行われている。日本国内では2010年を最後に土着のウイルス株は検出されていないが、海外で感染する例は続いている。そのため国は、海外への渡航に際してワクチンの接種を勧めている。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人