つなごう医療 中日メディカルサイト

医療ミス認め賠償命令

(2017年7月8日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

名高裁逆転判決 一宮西病院側、7900万円

 愛知県一宮市の一宮西病院で心臓のカテーテル手術を受けた際、医療ミスが原因で半身まひなどの後遺症が残ったとして、名古屋市北区の男性(70)が、病院を運営する社会医療法人杏嶺(きょうりょう)会に1億4千万円余の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は7日、医師が注意義務を尽くさなかった過失責任は免れないとして、同法人に7900万円の賠償を命じた。原告側の逆転勝訴。

 孝橋宏裁判長は判決理由で「当時のコンピューター断層撮影(CT)画像の陰影から血栓の存在は強く疑われた」と指摘。その上で「医師には、より慎重に心臓を検査して、十分に確認する義務があった」と述べた。

 原告側代理人などによると、この男性の場合、心臓に血栓の疑いがあると後遺症が残る恐れがあるため、電気を使うカテーテル手術は禁止されている。原告側は「血栓の疑いがあったのに、担当の男性医師が見落とした」と主張。被告側は「血栓の疑いはなかった」として、手術と後遺症の因果関係を否定していた。

 判決によると、男性は心不全の治療目的で、2010年8月、一宮西病院で男性医師からカテーテル手術を受けた。直後に脳梗塞を発症し、半身まひなどの後遺症が残った。

 16年2月の一審名古屋地裁判決は被告側の主張を認め、原告の訴えを棄却していた。

 杏嶺会は「コメントしない」としている。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人