つなごう医療 中日メディカルサイト

がん診断放置 6人 慈恵会医大、3人は死亡

(2017年7月25日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 東京慈恵会医大病院が肺がんの疑いがある男性=2月に72歳で死亡=の画像診断報告書を1年間放置した問題で、病院は24日、他の患者2人も肺がんが疑われる画像診断報告書が放置され、その後亡くなったと発表した。病院の第三者委員会は20日、この2人を含む5人の報告書放置があったと公表していた。

 病院によると、50代男性が2012年7月、コンピューター断層撮影(CT)を受けたが、担当医の交代などで報告書が放置され、約1年半後に肺がんが発覚。14年に亡くなった。CTを受けた時点で肺がんと確認されていれば、手術が可能だったとみられる。

 また、70代の男性は14年8月に受けたCTで肺がんの疑いがあったが、詳しい検査が実施されず、4カ月間放置された。その後、転院先の病院で亡くなったという。

 他に70〜80代の男女3人のCTの画像診断報告書や病理検査の結果が約3年間放置されていた。いずれも治療中という。

 今年1月、15年10月に肺がんの疑いがあると指摘された男性の画像診断報告書が、約1年間放置された問題が発覚。男性は既に治療が困難な状態で、今年2月に亡くなった。第三者委は今月20日、画像診断報告書を患者に交付するなどの改善策を盛り込んだ答申書を公表。病院は、こうした対策を取るとしている。

 男性の遺族は「単純な連絡ミスで適切な治療を受ける機会を逃し、犠牲になってしまったことは本人も無念だったと思う。再発防止策の着実で速やかな実施をお願いしたい」とのコメントを発表した。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人