つなごう医療 中日メディカルサイト

孫がはねられけが なぜ全身診ない

ホンネ外来

(2017年8月1日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 孫の小学3年の男の子が自宅近くで軽乗用車にはねられる事故に遭いました。通り掛かった方たちのおかげで孫はすぐ総合病院に搬送されました。コンピューター断層撮影(CT)検査の後、医師は「異常はないので、きょう入浴していいし、学校も行っていい」と説明し、額のえぐれた傷を縫ってくれました。

 その夜、入浴させようと服を脱がせて娘夫婦はびっくり。皮がめくれて血の出た傷が肘や脇、腰など全身にあったのです。夫婦は「なぜ洋服を脱がせて診なかったのか」と不信感を持ち、翌日、別の総合病院の外科を受診しました。ここでも医師は検査しただけで体は診ず、娘が訴えてようやく看護師が傷の手当てをしてくれたそうです。

 その翌日には目の辺りが腫れ先の病院の脳神経外科を受診。2週間の安静と日光を浴びないよう指導されました。孫は今、元気に登校しています。大事に至らず良かったですが、体を診ないのは当たり前のことなのでしょうか。もう少し患者に寄り添った治療をしてほしいです。(愛知県=女性・73歳)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人