つなごう医療 中日メディカルサイト

検診で「子宮あるの」と聞かれ、頭が真っ白

ホンネ外来

(2017年8月8日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 数年前、子宮がん検診を受けに総合病院へ行きました。婦人科で検査台に乗ると、年配の男性医師はカーテン越しに「子宮あるの」と聞きました。子宮がなければ検診を受けに行きません。頭が真っ白になり、医師と対面して問診を受けましたが、一言も話せませんでした。

 女性にとって子宮がん検診は恥ずかしさを感じるものです。受けるのはとても勇気がいることです。人をばかにした医師の言い方がどうしても許せず、地元の医師会に電話して意見を言ったところ、数日後に返答がありました。担当者の説明は「先生に言っておきました。それでいいですか」とだけ。医師がどう答えたのかも分からず、誠意を感じられない対応でした。

 もう検診には行きたくないというのが私の本音ですが、夫にがんで先立たれて一人暮らしをする身です。息子や孫たちに迷惑をかけず、このまま元気で過ごすため、今後も検診に行くつもりです。医療関係の方には、検診に行く人の気持ちをもっと理解してほしいと思います。  (三重県=女性・72歳)

同じ連載記事
マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年 (2017年8月15日)
孫がはねられけが なぜ全身診ない (2017年8月1日)
担当医に薬の副作用相談したら激怒 (2017年7月25日)
総合病院で専門外の医師担当 (2017年7月11日)
通院嫌い 薬だけ求める糖尿病患者 月1回診察でリスク管理 合併症防ぐため生活指導 (2017年7月4日)
同じジャンルの最新ニュース
〈心と体 すっきりナビ〉 一生で経験する月経増加 (2017年8月8日)
冷房に冷たい飲み物…不調の一因に (2017年8月1日)
〈心と体 すっきりナビ〉 胃腸を整え、夏ばて予防 (2017年7月25日)
〈心と体 すっきりナビ〉 生理痛、我慢せず受診を (2017年7月11日)
〈心と体 すっきりナビ〉 病気のサイン?月経困難症 (2017年7月4日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人