つなごう医療 中日メディカルサイト

マスク取りに帰らす/闘病支えられた10年

ホンネ外来

(2017年8月15日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

マスク取りに帰らす

 職場で38度の熱が出て、やっとの思いでかかりつけの内科へ着いたのですが、うっかりマスクを忘れてしまいました。受け付けの女性から「販売していないので自宅へ取りに行ってもらえますか」と言われ、体がつらいのを我慢して取りに行きました。マスクを着けずに病院へ行ったことはマナーに反していたと思います。ただ、患者はつらい思いをしています。病院のマスクを売る、自動販売機を置くなど別の対応も考えてほしいです。 (石川県=女性・45歳)

闘病支えられた10年

 10年前に息子(44)がくも膜下出血で倒れ、重い後遺症でリハビリ生活を送っています。先日夜、主治医の先生から電話がありました。転勤が決まったとのこと。私は「先生が行ってしまう、どうしよう」と慌て、お礼が言えませんでした。リハビリを頑張るよう励ましてくれた先生。前回の検診でも「困ったことがあったら力になります」と勇気づけてくださいました。10年間、私と息子の支えでした。これからも息子と頑張っていきます。 (愛知県=女性・74歳)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人