つなごう医療 中日メディカルサイト

ゴルフ場の酒提供「過失」

(2017年8月17日) 【中日新聞】【夕刊】【その他】 この記事を印刷する

大阪高裁 カート事故、賠償は否定

ゴルフ場のカート転落事故状況(イメージ)

 ゴルフ場でカート事故が起きたのは、クラブハウスがビールを漫然と出したから−。飲酒後の運転ミスでカートが転落した人身事故を巡る民事訴訟で、大阪高裁がゴルフ場の酒提供を過失と認める判決を言い渡していたことが分かった。

 場内は私有地で交通法規の飲酒運転に当たらないが、ゴルフ場経営会社を訴えた原告の代理人弁護士は「ドアやシートベルトの義務付けがないカートは利用者の命を奪う危険があり、司法が責任を認めた意義は大きい」としている。

 7月14日付の判決によると事故は2009年9月、兵庫県篠山市で起きた。金融機関のゴルフコンペで男性が坂道の急な右カーブでハンドルを右に切りすぎ、ブレーキも踏まなかったため4人が乗ったカートが斜面を転落。助手席の男性が頸髄(けいずい)を損傷し、重い身体障害を負った。

 4人は事故の約30分前に生ビールを中ジョッキで2杯飲んでおり、負傷者への賠償金を支払った共済組合が14年5月、「事故は飲酒が原因でほう助した責任がある」と経営会社に賠償金の一部負担を求めて提訴した。

 昨年11月の一審大阪地裁判決は、ゴルフ場の利用者は飲酒の危険を社会常識として認識しており、ゴルフ場側が酒の注文を断る義務はないなどと判断。請求を退けた。

 しかし高裁の佐村浩之裁判長は事故には飲酒が影響し、ゴルフ場側がほう助したと指摘。「生ビールの注文時に、(キャディーを伴わない)セルフプレーの4人の誰かが運転し、事故を起こすことを予見できたのに漫然と酒を提供した」として過失を認めた。

 一方で飲酒を勧誘しておらず、事故自体に関与していないとして賠償は負担させないとした。共済組合側は判決を不服として上告している。

 日本ゴルフ場経営者協会(東京)の担当者は「事故防止のためにカートの飲酒運転を禁止しているところもある」と話している。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人