つなごう医療 中日メディカルサイト

発達障害 適職探すには

心と体すっきりナビ

(2017年8月22日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 大人の発達障害については、間違った情報もあふれています。例えば、原因を親の愛情不足、子どものころのワクチン接種とする情報などです。

 発達障害のはっきりとした原因は分かっていませんが、何らかの遺伝的要因がベースにあり、その他の環境的要因(胎児期の低栄養や出産時のトラブルなど)が、複雑かつ相互に影響して発現するという考えが主流です。研究が進むにつれ、分かってくるでしょう。

 発達障害には、根本的な治療法はありませんが、専門的な支援や適切なトレーニングで社会生活の悩みを減らすことはできるといいます。

 仕事に関しては、専門家のアドバイスを受けながら、自分の特性を生かし、やりがいをもってできる職を探すことです。発達障害の人の中には不特定多数の人と関わり、場の空気を読み、臨機応変に対応することが苦手と感じやすい人が多く、営業や接客などの職は向いていないかもしれません。

 一方で、数値や文字を大量に扱う作業でも、集中を持続させることが得意といわれています。プログラミングや経理など、自分のルールやペースで進められる仕事が、適職として挙げられます。

 いずれにしても、専門医の診療のもと、発達障害の人の就労に詳しい専門家に相談することが大切です。(産婦人科医・伊藤加奈子)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人