つなごう医療 中日メディカルサイト

検査頼んだら「紹介状書くけど、笑われるよ」

ホンネ外来

(2017年8月22日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 高血圧のため近所の内科で約10年、服薬治療をしていました。脇腹に痛みがあり、肋間(ろっかん)神経痛と診断されましたが、痛みが強くなり、小豆粒大のしこりが指で触れるようになりました。検査をお願いすると、年配の主治医は「何もないよ。望むなら紹介状を書くけど笑われるよ」と言うので、ほかの病院には行かずにいました。

 ところが、職場の健康診断の便潜血検査で陽性反応が出て、大腸のコンピューター断層撮影(CT)検査を受けると副腎に腫瘍が見つかりました。例の内科に行った際に「総合病院で陽電子放射断層撮影装置(PET)検査を受けることになった」と話すと、主治医は自分の診断には触れず「(検査代は)高いよ」とだけ言いました。

 腫瘍は希少疾患の「褐色細胞腫」と分かり、副腎の摘出手術を受けました。高血圧も腫瘍が起こしたもので、手術後、服薬はなくなりました。主治医が病気に気づけなかったのは仕方がないと思いますが、人をばかにした言い方に疑問を感じました。(岐阜県=女性・57歳)

同じ連載記事
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)
検査嫌がる息子に、医師が「出て行け」 (2018年2月13日)
配慮欠くICUの看護師に失望 (2018年2月6日)
精神科の処方 生活に多大な影響 (2018年1月30日)
病名告げ「あとは検索して」 (2018年1月23日)
同じジャンルの最新ニュース
<いきいき健康脳> 料理をする (2018年2月21日)
◇慢性腎臓病食 調理実習と栄養相談ほか (2018年2月20日)
〈中日病院だより〉(84) 尿酸値、高くない?(中) 排出機能の低下も主要因 (2018年2月20日)
骨粗しょう症の薬で副作用か (2018年2月20日)
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人