つなごう医療 中日メディカルサイト

難病「多発性硬化症」の治療薬期待 傷んだ神経一部 膵臓が修復物質

(2017年8月22日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 手足のしびれや視力低下などを起こす難病「多発性硬化症(MS)」などで傷ついた脳や脊髄の神経の一部が、膵臓(すいぞう)から分泌される物質で修復されることを大阪大などの研究グループが発見し、米医学誌が発表した。

 MSは免疫異常により神経線維を覆っている「髄鞘(ずいしょう)」などが傷つくことで、神経の情報伝達が阻害され、発症するとされる。大阪大大学院の村松里衣子准教授(分子神経科学)は「MSの治療は免疫抑制薬の投与が主流だが、傷ついた髄鞘を修復させる薬の開発につながると期待できる」としている。

 グループは、膵臓から分泌され、血液の中に含まれる「FGF21」と呼ばれるタンパク質に着目し、正常なマウスと、FGF21を作り出せなくしたマウスを比較した。

 それぞれ、髄鞘を含む神経を傷つけて後ろ足の機能を低下させ、2週間後、回復度合いを見るため細いはしごの上を歩かせると、FGF21がないマウスの方が足を踏み外す回数が約1割多かった。

 FGF21が、髄鞘を修復するために必要な細胞の増殖を促していることも培養実験で確認した。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人