つなごう医療 中日メディカルサイト

無痛分娩 順天堂大を提訴

(2017年9月19日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

死産で夫婦 「子宮破裂、見逃す」

 順天堂大順天堂医院(東京)で2015年、麻酔を使って出産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」の際に子宮が破裂して死産になったのは医師らの過失が原因だとして、入院していた女性と夫が病院を運営する学校法人と医師らに計約1億4千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことが、代理人弁護士への取材で分かった。

 女性自身も一時心肺停止となった。無痛分娩を巡っては、麻酔後に死亡したり重い障害を負ったりする事例が相次ぎ、厚生労働省が実態把握を進めている。

 順天堂医院は高度な医療技術を提供する「特定機能病院」の承認を受けている。夫婦の訴訟代理人を務める貞友義典弁護士は19日、承認取り消しを求める書面を厚労省に出す方針だ。

 提訴は15日。訴状によると、女性は15年2月4日、第一子の女児を出産するため順天堂医院に入院。知らない間に陣痛促進剤を投与され、6日に体調が急変した。その日のうちに心肺停止状態に陥り、死産となった。

 医師らは、自然に陣痛が来た状態で陣痛促進剤を投与し、子宮が強く収縮していたのに、麻酔で痛みが消されたため破裂の兆候を見逃したと夫婦は主張。嘔吐(おうと)などの異変があったのに必要な検査や対処を怠り、子宮の全摘出で妊娠や出産ができなくなったとしている。

 この陣痛促進剤の添付文書には、陣痛が強くなりすぎ、胎児が仮死状態になったり子宮が破裂したりする恐れがあると記載されていた。こうしたリスクについて事前の説明はなかったという。

 順天堂医院は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

 夫は取材に「妻が強い痛みで意識を失い、早く帝王切開してほしいと訴えたのに、一向に対応してもらえなかった」と話した。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人