つなごう医療 中日メディカルサイト

同じ。 病も、サッカー愛も 1型糖尿病の子とスペインへ 元Jリーガー計画 患者選手の活躍観戦

(2017年9月19日) 【北陸中日新聞】【夕刊】【その他】 この記事を印刷する
画像スペイン代表のナチョ・フェルナンデス選手=ゲッティ・共同

 有効な治療法がない1型糖尿病を抱えながら大宮アルディージャなどでプレーした元Jリーガー杉山新(あらた)さん(37)=埼玉県春日部市出身=が、同じ病のサッカー少年らを連れてスペイン渡航を計画している。1型糖尿病の患者だと明らかにしたスペイン代表ナチョ・フェルナンデス選手(27)の試合を観戦するためだ。「大観衆の中で活躍する姿を見て、夢をあきらめないきっかけにしてほしい」と願う。(井上峻輔)

 スペイン代表選手が1型糖尿病を公表した−。杉山さんは3月、インターネットニュースを見て驚いた。現地の名門チーム「レアル・マドリード」の選手としては知っていたが、「自分と同じ病気だったとは」。

 杉山さんもヴァンフォーレ甲府に所属していた23歳の時に突然、体のだるさを感じ、1型糖尿病と診断された。「若いし、太っているわけでもないのに…」。原因は不明で、医者から治ることはないと言われた。

 戦力外通告を受けたが、サッカー選手でいることを諦めなかった。1日四度のインスリン注射は欠かせなくても、血糖値をコントロールすれば激しい運動もできる。テスト生として今まで通りにプレーできることを証明し、3カ月後に再契約にこぎつけた。

 その後も病気と付き合いながら大宮、横浜FC、FC岐阜で活躍。2014年シーズンまで16年間の現役生活をまっとうした。

 引退後、埼玉県内で小中学生の指導者として活動する一方、1型糖尿病の患者会との交流で幼い患者らの悩みに気付いた。友達に隠れて注射を打つ子、心配した家族や指導者に運動を禁止される子もいた。

 そんな時に知ったのが、ナチョ選手の持病公表。「ビッグチームでプレーする選手を見れば、子どもたちが自信を持って夢に進めるのでは」と思い立った。患者団体を通じて呼び掛けたスペイン渡航に、小学生から高校生の男の子4人、女の子1人が集まった。「大好きなサッカーをやり続けたい」「ナチョ選手の姿に勇気づけてもらいたい」。寄せられた作文に思いがつづられていた。

 12月の渡航に向け、現在は旅費や滞在費計450万円の寄付をネット上で呼びかけている。杉山さんは「試合を見た子どもたちが『いつかこのピッチに戻ってきたい』なんて言ってくれたらうれしいですね」と話している。

 寄付はクラウドファンディングサイト「Readyfor」で今月30日まで募集する。

 1型糖尿病 膵臓(すいぞう)のベータ細胞が自己免疫などによって壊れ、血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されなくなる病気。生活習慣などに起因する2型糖尿病とは区別される。国内の年間発症率は10万人当たり1、2人で、小児期に起こることが多いとされるが、はっきりとした原因は分かっていない。完全に治すための効果的な治療法がなく、膵臓移植を受けるか、生涯にわたって毎日注射などでインスリンを補う必要がある。

画像杉山新さん

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人