つなごう医療 中日メディカルサイト

電通 違法残業「常態化」 東京簡裁 罰金50万円判決

(2017年10月7日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 広告大手電通(東京)の違法残業事件で、労働基準法違反罪に問われた法人としての電通の判決公判が6日、東京簡裁であった。菊地努(つとむ)裁判官は「違法な長時間労働が常態化していた」として、求刑通り罰金50万円を言い渡した。

 判決理由で、新人社員高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺し、労災認定されたことについて「尊い命が奪われる結果まで生じていることは看過できない」と批判。電通について「日本を代表する企業として、労働環境の適正化に率先して取り組むべき立場だった」と指摘し、「労働者の増員や業務量の削減など労働時間削減のための抜本的な対策を講じなかった。事件はその一環で生じ、刑事責任は重い」と述べた。

 閉廷後、山本敏博社長は報道陣に「判決を厳粛に受け止め責任の重大さを改めて痛感している」と述べた。

 判決によると、電通では2015年10〜12月、高橋さんら社員4人に労使協定(36協定)で定めた月50時間を超え、3時間30分〜19時間23分の時間外労働をさせた。

【関連記事】「過労死なくす罰則強化を」 電通違法残業 高橋さん母が訴え

【関連記事】 隠れ残業 企業で横行 労働時間管理 義務化が急務

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人