つなごう医療 中日メディカルサイト

抗がん剤の説明 あまりに事務的

ホンネ外来

(2017年10月17日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 78歳の母が1年前に公立病院で大腸がん手術を受けました。進行性がんのため再発の可能性があることは告げられていました。手術後に抗がん剤を半年服用し、コンピューター断層撮影(CT)検査をしたところ肝臓への転移が分かりました。10カ所と数が多く、外科の主治医は検査当日、状況を伝えた後で「治る可能性はない。放置すれば余命は半年から1年」と言いました。そして「抗がん剤を使う場合は3種類ある。どれがいいということは言えない。説明書を読んで、この中から選んでください」と続けました。

 事務的な説明で、治療の結果に責任を負いたくないという気持ちが表れているように感じました。母も不信感を持ち、別の公立病院に転院しました。消化器内科の医師が主治医となり、抗がん剤を選ぶ際は「多くの患者さんがこれで改善している。私もこれが一番いいと思います」と自身の意見も含めて教えてくれました。その薬で治療を受けて半年、母の病状も改善しました。転院して本当に良かったです。(石川県=女性・55歳)

同じ連載記事
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)
検査嫌がる息子に、医師が「出て行け」 (2018年2月13日)
配慮欠くICUの看護師に失望 (2018年2月6日)
精神科の処方 生活に多大な影響 (2018年1月30日)
病名告げ「あとは検索して」 (2018年1月23日)
同じジャンルの最新ニュース
<いきいき健康脳> 料理をする (2018年2月21日)
◇慢性腎臓病食 調理実習と栄養相談ほか (2018年2月20日)
〈中日病院だより〉(84) 尿酸値、高くない?(中) 排出機能の低下も主要因 (2018年2月20日)
骨粗しょう症の薬で副作用か (2018年2月20日)
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人