つなごう医療 中日メディカルサイト

肝炎の最新治療法紹介 野洲で22日 助成制度も解説

(2017年10月20日) 【中日新聞】【朝刊】【滋賀】 この記事を印刷する
画像医療講演会への参加を呼び掛ける滋賀肝臓友の会の会員=大津市で

 滋賀肝臓友の会などは22日午後1時半から、野洲市市三宅のセントラルホテル野洲で、ウイルス性肝炎をテーマにした医療講演会を開く。肝炎の最新治療や治療費助成制度などを紹介する。

 近江八幡市立総合医療センター消化器内科の石川博己部長が、ウイルス性肝炎に関する基本知識や最新治療について講演。県薬務感染症対策課の職員が、肝炎の治療費助成の仕組みを解説する。

 講演会の後には、共催する全国B型肝炎訴訟大阪弁護団の弁護士が、予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人を支援し、国との和解手続きを進めている現状を紹介する。

 参加無料。友の会の会員は「ウイルス性肝炎の存在を、患者だけでなく多くの人に知ってほしい」と参加を呼び掛ける。(問)オリーヴ法律事務所=077(543)2632(成田嵩憲)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人