つなごう医療 中日メディカルサイト

美容医療 誇大広告NO 厚労省 「絶対安全」などネット監視

(2017年11月5日) 【北陸中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
医療機関HPのネットパトロール

 医療機関によるホームページ(HP)上での「絶対に安全な手術を提供します」といった虚偽・誇大広告の取り締まりに向け、厚生労働省が8月下旬からインターネット上でパトロールを始めたことが分かった。こうした広告は特に美容医療の分野で目立っており、不適切な記載があるとして把握できたのは9月末までに279件。当該の医療機関に改善を求める。

 厚労省によると、脱毛や脂肪吸引などを行う「美容医療」で施術効果を誇張したり、安価な料金を掲載したりするケースが多いといい、契約トラブルや健康被害の相談が増加。今年6月、医療機関のHPを「広告」とみなして虚偽・誇大広告を禁止する改正医療法が成立しており、来年6月までに施行されることになっている。

 ネットパトロールは厚労省が改正医療法施行に先立って策定、公表していたガイドラインに基づき実施。委託を受けた日本消費者協会が医療機関のHPを監視し、加工・修整した写真や科学的根拠に乏しい情報などを見つけた場合、掲載した医療機関に見直しを促す。改善が認められなければ、協会が所管の自治体に情報提供し、ケースによっては自治体が行政指導に乗り出す。

 協会は一般からの通報も受け付けている。厚労省は今後、典型的な通報内容を記した事例集を作成し、医療機関に注意を呼び掛ける方針。

 改正医療法は、違反の恐れが判明した段階での所管自治体による立ち入り検査を規定し、違反が確認されれば6月以下の懲役か30万円以下の罰金を定めている。厚労省の有識者検討会は今後、手術前と後の写真掲載を原則禁止するなどした新たなガイドラインや省令の案を取りまとめる予定。

 国民生活センターによると、2016年度に全国から寄せられた美容医療に関する相談は2077件。このうち医療機関のHPやネット上の情報がきっかけで受診したのは456件だった。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人