つなごう医療 中日メディカルサイト

病院の自販機の位置見直して

ホンネ外来

(2017年11月14日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

病院の自販機の位置見直して

 難病に指定された内科系疾患のため公立病院に通院しています。予約しても診察までの待ち時間が2時間を超えることがあり、ある時、体調が悪くなってベッドで休ませてもらいました。夕方近くでしたが昼食を取れておらず、薬だけは飲まなければと思い、看護師に水をお願いすると、水はいただけたのですが、「自己管理しなくてはならないのに、なぜ持ってきていないのか」と言われました。

 水筒を持っていましたが、長い待ち時間に飲み干してしまったのです。自動販売機で買えばよいのですが、1階の1カ所にしかなく、そこまで行く体力もありませんでした。先日も、つえを使っているお年寄りが自販機の場所を看護師に尋ね、ため息をついて向かわれました。

 以前通った私立病院では各階に自販機がありました。この違いは公立だからなのかとも思いますが、公務員だからこそ率先してよい医療体制をつくるべきではないでしょうか。患者の立場に立って、もう一度院内を見渡してほしいと思います。(愛知県=女性・44歳)

同じ連載記事
検査嫌がる息子に、医師が「出て行け」 (2018年2月13日)
配慮欠くICUの看護師に失望 (2018年2月6日)
精神科の処方 生活に多大な影響 (2018年1月30日)
病名告げ「あとは検索して」 (2018年1月23日)
採血難しい患者に柔軟な対応を (2018年1月16日)
同じジャンルの最新ニュース
医師が執筆 病や治療法 (2018年2月16日)
がん検査後 7カ月放置 (2018年2月15日)
◇講演会「組織のなかで感じる違和感−臨床心理学的視点から−」ほか (2018年2月13日)
〈中日病院だより〉(83) 尿酸値、高くない?(上) 心臓や血管にも悪影響 (2018年2月13日)
〈走る 在宅診療医〉(上) 四万十で命に寄り添う 記録映画完成 (2018年2月13日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人