つなごう医療 中日メディカルサイト

医師の丁寧な説明が、何より安心

ホンネ外来

(2017年11月28日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

医師の丁寧な説明が、何より安心

 昨年、夫が心筋梗塞で亡くなりました。仕事中に倒れて突然迎えた死でした。それをきっかけに、私は定期健診や予防接種は全部受けようと決め、自治体が指定している地元の内科で初めて特定健診を受けました。

 苦手な血液検査がありましたが、年配の院長は丁寧に問診をした後、私の注射嫌いを察して「昔はキムタクよりいい男だった」と笑わせてくださり、気付いたら採血は終わっていました。心電図は正常ならば上向きの波形が下向きに出ました。院長は「運動選手でも下を向くことがある」と説明し、結果について「問題はない。数10万円かけて検査しても同じ結果です。はっきり申し上げ老化です」ときっぱり。「毎年検査を受けて規則正しい生活をしてください」と指導してくださいました。

 夫の死のことがあり、とても不安でしたが説明を聞いてすごく楽になりました。高額な検査機器を置く病院も多いですが、丁寧な説明は、どんな検査や薬より効き目があると思います。私は安心して遺影に報告できました。(愛知県=女性・65歳)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人