つなごう医療 中日メディカルサイト

小中生の視力 低下進む

(2017年12月23日) 【北陸中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

スマホ影響も1.0未満の割合最悪

視力1.0未満の子どもの割合

 裸眼の視力が「1.0未満」の小中学生の割合が過去最悪となったことが、文部科学省の2017年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。小学校は3年連続、中学校は4年連続で視力が低下。文科省は「スマートフォンなどの普及で画面を近くで見る機会が増えた影響もあると考えられる」としている。

 一方、虫歯の割合は中高生で過去最低となり、肥満傾向児の割合も長期的な減少傾向を示した。

 文科省によると、視力1.0未満の子どもは、幼稚園で4人に1人の24.48%、小学校で3人に1人の32.46%になり、中学校と高校ではそれぞれ56.33%、62.30%を占めた。いずれも統計を始めた1979年度から増加傾向が続き、30年前(87年度)の親世代の割合と比べても小学校で約13ポイント、中学校で約18ポイント上昇した。また、中高で視力0.3未満の子どもは3割前後に上った。

 一方で、虫歯の割合は幼稚園や小中高校の全てで16年度より下がり、中学校(37.32%)と高校(47.30%)では、過去最低となった。学校での保健指導を通して健康意識が高まったことなどが背景にあるという。

 身長別標準体重から算出した肥満度が20%以上の肥満傾向児の出現率を学年別にみると、男子は高1の11.57%、女子は小6の8.72%が最も高かった。年齢層によりばらつきはあるものの、総じてここ10年間、減少傾向にある。

 耳の疾患を抱える子どもは小学校が6.24%、中学校4.48%、高校2.59%となり、いずれも過去最悪となった。ただ、調査では疾患の詳しい内容が分からず、要因を分析できないという。

 東日本大震災以降、運動不足や生活環境の変化で肥満傾向児が増えた福島県は、15年度と16年度の調査でいったん増加傾向が止まっていたが、17年度は再び増えた。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人