つなごう医療 中日メディカルサイト

性別適合手術4月から保険適用 岡山大など3施設対象

(2018年1月9日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する

 心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)の人への性別適合手術に対する公的医療保険の適用を巡り、厚生労働省は一定の基準を満たす医療機関で手術を行う場合に限って対象とする方向で検討に入った。4月に保険適用が始まる際には、岡山大病院(岡山市)など3施設程度が対象となる見通しだ。厚労省やGID学会(理事長・中塚幹也岡山大大学院教授)への取材で分かった。

 現状では、岡山大病院のほかに、札幌医科大病院(札幌市)と山梨大病院(山梨県中央市)が基準を満たしている。厚労省は、ほかにも保険の対象となり得る医療機関がないか、調査を進める。

 一定の技術や体制を備えた医療機関で安全に手術を受けてもらう狙い。形成外科や泌尿器科、産婦人科などが一体となり治療できる環境や入院施設、手術を担当する麻酔科医がいることが条件となる見通しだ。GID学会は専門的な知識や経験がある医師を育成する認定医制度を2015年に導入した。

 厚労省は1月、中央社会保険医療協議会(中医協)に案を示し、2月上旬に保険適用条件などを公表する予定だ。

 日本精神神経学会の調査によると、15年12月末時点で、国内の26医療機関を受診したGID患者は約2万2千人。厚労省によると、性別適合手術を行う国内の医療機関数や、手術を受けた患者数の統計はこれまでにないという。

 保険適用を機に、性別適合手術の件数や患者の年齢、合併症の割合をフォローする体制をつくる。手術後の満足度などのデータも蓄積し、治療の安全性や質の向上を目指す。

 GIDの当事者で、名古屋大病院でGIDの人の専門外来を担当する松尾かずな助教(泌尿器科)は「手術は合併症を伴うことが多く、経済的負担から治療をやめる例もある。医師が責任を持って治療する体制がつくられることに意義がある」と保険適用に向けた検討状況を評価した。

各地域に基幹病院を 岡山大・難波教授

 2001年から性別適合手術を実施している岡山大病院ジェンダーセンター長で形成外科医の難波祐三郎教授に、保険適用の意義と課題を聞いた。 (柚木まり)

 −性別適合手術への保険適用をどう評価するか。

 「金銭的理由で手術を受けられなかった人がチャンスを得られる。性別適合手術の費用は100万〜400万円かかる。例えば女性から男性への適合手術で約200万円かかる場合、保険が適用される陰茎がん治療で同じ形成手術を行うと、患者負担は40万円程度だ。性別適合手術が、疾患に対する一般的な治療だと知ってもらう効果もある」

 −国内で手術を行える医師や医療機関は限られている。

 「どう裾野を広げるかが課題だ。岡山大病院で研修システムを整備し、より多くの医療関係者に学んでもらいたいと思う。関東、中部、関西など各地域に基幹病院ができるのが理想だ」

 −手術を行うにはどんな体制が必要なのか。

 「手術は形成外科や泌尿器科など各科の協力がなければ成り立たない。精神科で性同一性障害と診断を受けて手術を希望しても(他科との連携がない医療機関では)治療に結び付いていない」

 −手術後などのホルモン療法は保険適用外になる見通しだ。

 「手術後にホルモンを補充しないと、骨粗しょう症や発熱、発汗など更年期のような症状が出てしまう。手術とホルモン療法がセットで保険適用されなければ、十分ではないだろう」

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人