つなごう医療 中日メディカルサイト

におい識別AI世界初 静岡がんセンターなど開発 患者の不快軽減へ

(2018年2月1日) 【中日新聞】【朝刊】【その他】 この記事を印刷する
画像

 県立静岡がんセンター(長泉町)と東海電子(本社富士市)は31日、人工知能(AI)を活用し、においを認識する世界初のにおい識別器「Aino−Pro(アイノプロ)」、東海電子提供=の試作品を開発したと発表した。今夏ごろの実用化を目指し、がんの病巣が発する不快なにおいを抑える処置に役立てるという。

 静岡がんセンターと東海電子は県ファルマバレーセンターの支援を受け、2012年からアイノプロの開発を進めてきた。AIにさまざまなにおい成分を学習させることで、がん病巣のにおいの強さや成分を分析できるようになるため、においを和らげるための適切な処置をとることが可能になるという。

 静岡がんセンターの担当者は「特に乳がんや子宮がんの患者は不快なにおいに悩まされ、外出を控えるようになることもあるので、におい解消に生かしたい」と期待する。

 東海電子は「アイノプロをがん以外の病気のにおい対策や、飲食品の味とにおいの関係性の分析などにも幅広く使えるようにしたい」と話した。 (杉原雄介)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人