つなごう医療 中日メディカルサイト

配慮欠くICUの看護師に失望

ホンネ外来

(2018年2月6日) 【中日新聞】【朝刊】 この記事を印刷する

 地元の公立病院で子宮を全摘する手術を受けた後、24時間にわたって集中治療室(ICU)に入りました。3人の看護師にお世話になりましたが、対応には疑問を感じました。

 背骨の曲がる病気を抱えており、痛みが出ないように体勢を変える必要がありますが、術後は1人ではできません。看護師を何度も呼んでいたら、答える際に「何!」と語気を強めるようになり、非難されているように感じました。ほかの患者に比べ、頻繁に呼んだのは確かです。ただ、背骨の病気については事前に伝えてあったので、理解してほしかったです。

 ICUを出る時は、部屋着に着替える前に体を拭いてもらいました。温めたタオルを持ってきた看護師は、別の用事に気付いて「ちょっと待ってね」とベッドを離れ、ほかの患者と会話をしてから戻ってきました。タオルは冷えていましたが、そのまま体を拭かれました。

 患者が一番つらい時を過ごすのがICUだと思います。対応が改善される教育を望みます。(愛知県=女性・69歳)

同じ連載記事
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)
検査嫌がる息子に、医師が「出て行け」 (2018年2月13日)
精神科の処方 生活に多大な影響 (2018年1月30日)
病名告げ「あとは検索して」 (2018年1月23日)
採血難しい患者に柔軟な対応を (2018年1月16日)
同じジャンルの最新ニュース
<いきいき健康脳> 料理をする (2018年2月21日)
◇慢性腎臓病食 調理実習と栄養相談ほか (2018年2月20日)
〈中日病院だより〉(84) 尿酸値、高くない?(中) 排出機能の低下も主要因 (2018年2月20日)
骨粗しょう症の薬で副作用か (2018年2月20日)
ICUの若い看護師の気配りに救われた (2018年2月20日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人