つなごう医療 中日メディカルサイト

中日新聞 広告局 企画・特集

イベント情報

名古屋の女性たちよ、素敵に歳を重ねよう
※参加無料
※セミナーは事前申込制です。応募は締め切りました。当選者の方のみに聴講券を発送します。
※ブースゾーンは予約不要、入退場自由です。開場時間内にいつでもお越し下さい。

日時/2017年1月22日(日) 10:00~17:00
会場/中日パレス クラウンホール
主催/中日新聞社広告局
[→詳細はこちら]

企画レポート

新聞や本を読んだり、テレビやパソコン、スマートフォンの画面を見たり、人間は外部から得られる多くの情報を視覚に頼っています。それを支える重要な器官が「目」です。 高齢化が進む現代社会では、加齢に伴う目の病気が増えており、「歳だから仕方ない」とがまんしていると、大切な視力を失うことになりかねません。 毎日をいきいきと暮らすために欠かせない「目の健康」。それを脅かす病気について、専門医の皆さんにご説明いただきました。
[→詳細はこちら]
9月3日(土)・4日(日)に開催の「中日健康フェア2016」に先立ち、
多彩な講座の中から注目の高い講座について、講師の先生にお話を伺いました。
[→詳細はこちら]
9月3日(土)・4日(日)に開催の「中日健康フェア2016」に先立ち、
名古屋大学消化器内科学 後藤秀実教授に当日の特別講座の内容について伺いました。
7月30日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
介護用ロボットが注目されている中、いやし型赤ちゃんロボット「スマイビ」が新登場。
「スマイビ」は介護の現場にどのような利点をもたらしているのでしょうか。
研究を行った医師や、導入している施設の方にお話しをお聞きしました。
[→詳細はこちら]

過去の掲載紙面から

2015年

名古屋で第74回日本癌学会学術総会が開催されるのに先立ち、「がん研究への疑問」についてアンケートを行いました。
寄せられた質問の中から、代表的なものへの回答を掲載しています。
[→詳細はこちら]
9月5日(土)・6日(日)の両日、名古屋医専 総合校舎スパイラルタワーズにおいて、
第3回「中日健康フェア」が開催され、約8,000人の来場者で賑わいました。
多彩なセミナーのうち、一部を中日新聞にて載録しました。こちらではそのアーカイブをご覧頂けます。
[→詳細はこちら]
名古屋で「第54回日本白内障学会総会」が開催されるのを機に、
3回シリーズで「目の健康講座」を掲載しました。
眼科の専門医からのアドバイスを受け、目の健康について考えてみましょう。
8月6日付・8月18日付・8月27日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
9月5日(土)・6日(日)に開催の「中日健康フェア2015」に先立ち、
多彩な講座プログラムの中から注目の高い講座について、主な内容を講師の先生にお聞きしています。
[→詳細はこちら]
9月5日(土)・6日(日)に開催の「中日健康フェア2015」に先立ち、
名古屋大学消化器内科学 後藤秀実教授に当日の特別講座の内容について伺いました。
7月31日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
中日新聞社では、看護の現場と読者の皆さんをつなぐ『看護師就職応援キャンペーン2016』を展開しました。実際に医療現場で活躍する看護師さんや、看護師を目指されている看護学生さんを取材し、「看護師・看護学生 キラメキ・トーク」として、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井にシリーズで連載。こちらではそのアーカイブをご覧いただけます。いきいきとした生の声に、ぜひ耳をかたむけてみて下さい。
[→詳細はこちら]

2014年

9月6日(土)・7日(日)の両日、名古屋医専総合校舎スパイラルタワーズにおいて、第2回「中日健康フェア」が開催されました。多彩なセミナーのうち、一部について中日新聞にて載録しました。こちらではそのアーカイブをご覧頂けます。
[→詳細はこちら]
9月6日(土)・7日(日)に開催の「中日健康フェア2014」に先立ち、多彩な講座プログラムの中から注目の高い講座について、主な内容を講師の先生にお聴きしました。こちらではそのアーカイブをご覧頂けます。
[→詳細はこちら]
9月6日(土)・7日(日)に開催の東海エリアの医療・健康に関する総合展「中日健康フェア2014」に先立ち、当日の特別講座の講師である名古屋大学 消化器内科学・後藤秀実教授に、テーマとなる「内視鏡検査・治療」についてお話をお聴きしました。愛知県で内視鏡検査ができる病院一覧も紹介しています。
7月27日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
急速に高齢化が進む日本で、介護の問題はだれにとっても避けて通ることのできない状況です。将来に備え介護についての情報を求める方も多い中、高齢者医療のエキスパート・名古屋大学の葛谷雅文先生と、国立長寿医療研究センターで在宅医療の支援に取り組む大島浩子室長に、在宅医療・介護の現状と課題、そして一人ひとりが将来に備えてできることをアドバイスいただきました。
5月30日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
60歳以上で約半数の日本人が感染しているとされる「ピロリ菌」は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、日本人に多い「胃がん」の原因として認められています。そんな中、2013年ピロリ菌を除菌する治療の保険適用が拡大され、胃がん予防への意識の高まりが期待されています。これを機に改めてピロリ菌と胃がんの関係、胃がん予防につながるピロリ菌除菌について名古屋大学・浜島信之教授にお話をお聴きしました。東海4県で検査が受けられる病院一覧も紹介しています。
4月28日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
急速に高齢化が進む日本では、“老い”に伴う病気「認知症」は増加の一途をたどっており、介護の問題も深刻です。大切なのは、誰にとっても認知症は無縁ではないことを自覚し、正しい理解への一歩を踏み出すことです。そこで、認知症のエキスパートである独立行政法人国立長寿医療研究センター病院長の鳥羽研二先生に、認知症の正しい知識や対応策などについてわかりやすく教えて頂きました。また東海エリアで認知症が相談できる医療機関や、関連する施設・企業などの情報も掲載しています。
2月8日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
1月25日(土)テレピアホールにて開催された「中日アレルギーケアフォーラム2014」の模様を紹介します。
当日は花粉症、アトピー、食物アレルギーなどさまざまなアレルギーについて第一線で活躍する医師、専門家がデータなどを交えてわかりやすく解説。アレルギーに関する知識や対策を学ぶ絶好の機会となりました。
2月5日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
中日新聞では、看護の現場と読者の皆さんをつなぐ『看護師就職応援キャンペーン2015』を展開しました。実際に医療現場で活躍する看護師さんや、看護師を目指されている看護学生さんを取材し、「看護師・看護学生 キラメキ・トーク」として毎週日曜日にシリーズで連載。こちらではそのアーカイブをご覧いただけます。いきいきとした生の声に、ぜひ耳をかたむけてみて下さい。
[→詳細はこちら]

2013年

中日新聞では9月7日(土)・8日(日)に開催された「中日健康フェア2013」に先立ち、講師の先生が講座内容を紹介するシリーズを掲載しました。こちらではそのアーカイブをご覧いただけます。
[→詳細はこちら]
9月7日(土)・8日(日)に開催された東海エリアの医療・健康に関する総合展「中日健康フェア2013」に先立ち、当日のメーン講演を担当いただいた名古屋大学・消化器内科学の後藤秀実教授に、講演テーマである「内視鏡」についてお話をお聞きしました。内視鏡を用いた診断から治療、内視鏡の進化についてわかりやすくお話いただいています。愛知県で内視鏡検査ができる病院一覧も紹介しています。
7月27日付 中日新聞・朝刊 [→詳細はこちら]
日本では7月28日を「日本肝炎デー」と定め、肝炎に関する正しい地域の普及啓発に取り組んでいます。
この日にちなみ、愛知県で肝疾患治療の中心的役割を果たす「肝疾患診療連携拠点病院」の責任者の方々に肝炎の現状と医療機関の取り組みなどについて聞きました。
7月28日付 中日新聞・朝刊[→詳細はこちら]
ピロリ菌感染が原因の「慢性胃炎」に対する除菌治療に、健康保険が適用されることになりました。除菌治療には胃がんの予防効果があることがわかっており、保険適用により治療を受ける人が増加すれば、胃がんの減少につながることが期待できます。そこで愛知医科大学の春日井邦夫教授に、ピロリ菌と胃がんの関係や除菌治療について、わかりやすく教えて頂きました。中部エリアで検診が受けられる病院一覧も紹介しています。
4月24日付 中日新聞・朝刊[→詳細はこちら]

2012年

愛知麻薬協会創立60周年記念事業 「薬物乱用の危険性」

創立60周年を迎えた愛知麻薬協会では、薬物乱用の危険性を伝えるDVDを制作しました。軽い気持ちで手を出してしまうと身体や精神も破綻させてしまう危険な薬物には、合法ハーブや脱法ドラッグも含まれます。薬物乱用の実態や危険性について語った、愛知県健康福祉部健康担当局医薬安全課と愛知麻薬協会の座談会の模様を紹介します。
7月30日付 中日新聞・朝刊[→詳細はこちら]

子どものいのちを守る 「ロタウイルス胃腸炎座談会」

5月8日(火)に行われた、河村たかし名古屋市長ほか小児科の専門家による座談会の模様をご紹介します。感染力が強く、乳幼児にとって脅威となるロタウイルス。我が子を守るために、まずは知ることから始めましょう。
6月14日付 中日新聞・朝刊[→PDFファイル]

健康セミナー「てんかん治療の最前線」

4月28日(土)・29日(日)の両日、ウインクあいちで開催された模様を紹介します。
「てんかん」は身近な疾患であるにもかかわらず、情報が乏しいために多くの誤解や迷信がいまだに存在します。一方で、てんかん診療にも明るい兆しが見え始めています。
6月8日付 中日新聞・朝刊(市民)[→詳細はこちら]

2011年

第四回日本薬局学会学術総会 市民公開講座『“生きがい”~75歳、エベレスト登頂

主催/社団法人日本薬局学会 社団法人日本保険薬局協会
共催/中日新聞社
後援/岐阜県、岐阜市、社団法人岐阜県薬剤師会、岐阜県病院薬剤師会
11月6日・7日の両日にわたり岐阜県にて「第四回日本薬局学会学術総会」が開催されました。市民公開講座では、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏を講師に招いて「“生きがい”~75歳、エベレスト登頂への挑戦」と題した講演を開催、70歳を超えて2度目のエベレスト登頂を果たしたチャレンジについて語ってもらっています。中日新聞では、学術総会の開催にあたり日本薬局学会会長にインタビューを行いました。

延ばそう健康寿命! ~今日からできる心臓病と脳卒中の予防と対策~ 岐阜会場

共催/第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会、ファイザー株式会社、中日新聞社
後援/厚生労働省、岐阜県、岐阜市、日本医師会、岐阜県医師会、岐阜市医師会
 去る7月15日・16日の両日にわたり、長良川国際会議場(岐阜市)を中心に「第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会」が開催されました。
動脈硬化性疾患の予防・治療に関する専門医の多彩な研究の成果が発表されるとともに、16日には「市民公開シンポジウム」が開催され、専門家の講演やパネルディスカッションを通して、市民の方が動脈硬化への理解を深め、予防の大切さについて学ぶ貴重な機会となりました。その模様をご紹介します。
9月11日付 中日新聞・朝刊[→詳細はこちら]

延ばそう健康寿命! ~今日からできる心臓病と脳卒中の予防と対策~ 名古屋会場

共催/第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会、ファイザー株式会社、中日新聞社
後援/厚生労働省、愛知県、名古屋市、日本医師会、愛知県医師会、名古屋市医師会
 岐阜長良川国際会議場を中心に、7月15日・16日の両日にわたり開催の「第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会」。
これに先立ち6月19日(土)、愛知県名古屋市のウィルあいちにおいて市民公開シンポジウムが開催され、市民の方が動脈硬化について理解を深め、予防への意識を高める機会となりました。
その模様をご紹介します。
7月15日付 中日新聞・朝刊[→詳細はこちら]

生活習慣病を予防しよう!

「この頃、ちょっと食べ過ぎかな?」と、油断をしていると、すぐに増えてしまうのが内臓脂肪。最近、服のお腹まわりがきつくなっていませんか?内臓脂肪は高血糖や高血圧、脂質異常などの生活習慣病のリスクを高めます。東京女子医科大学の岩本安彦教授に、糖尿病を中心とした生活習慣病とメタボリックシンドロームについてお話を伺いました。年度が変わり、新しい生活が始まる春に向けて、健康管理も本腰を入れてスタートしませんか?
2月1日付 東京新聞(発行:中日新聞東京本社)・朝刊[→詳細はこちら]

2010年

健康に美しく生きる女性へ 子宮頸がんにならない!負けない!

 最近、20~30代女性の間で罹患率が高まっているのが「子宮頸がん」。自分には関係ない、と思っていても実は身近な病気になりつつあります。 昨年末に予防ワクチンが国内で初めて承認されたこともあり、正しく病気への知識を身につければ、未然に防ぐことも可能です。 今回4月4日にウインク愛知で開催された市民公開講座の模様をまとめました。
4月17日付 中日新聞・朝刊(市民・尾張・三河版)[→PDFファイル]

「知っていますか?B型肝炎について」~核酸アナログ製剤の助成も始まる

 3月14日に三重県津市アストホールにて中日新聞健康セミナー「知っていますか?B型肝炎について」を開催。
1人でも多くの方に病気をご理解いただけるよう、歌手石川ひとみさんに体験談を語っていただきました。
三重大学医学部教授による講演やQ&Aコーナーでは、熱心にメモを取る方の姿も見られ濃厚な時間となりました。
その模様を是非ご覧下さい。
3月26日付 中日新聞・朝刊(三重版)[→PDFファイル]

第114回 日本眼科学会総会 市民公開講座「早期発見・早期治療で失明予防!」

主催/財団法人 日本眼科学会
後援/愛知県眼科医会 中日新聞社
3月22日付 中日新聞・朝刊
第114回日本眼科学会総会 総会長・名古屋大学大学院医学系研究科眼科学教授
寺崎 浩子氏インタビューはこちら。
[→PDFファイル]

2009年

第61回 日本東洋医学会学術総会 市民公開講座「ビューティフルエイジングと漢方」~美しく年を重ねる~

主催/社団法人日本東洋医学会
共催/中日新聞社 日本漢方生薬製剤協会
 6月5日、中日新聞社は社団法人日本東洋医学会と共催で第61回日本東洋医学会学術総会市民公開講座を開催いたしました。学術総会では、医療現場での東洋医学の充実や漢方薬の有用性などを訴えるシンポジウムが多数開催され、市民公開講座では女性のための漢方薬の活用法や伝統医学である漢方治療について専門医が講演いたしました。ぜひご覧ください。
6月27日付 中日新聞・朝刊(市民版・全尾張版・全三河版)[→PDFファイル]

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人