つなごう医療 中日メディカルサイト

CHUKYO GROUP PRESENTS 目の健康講座 知っていますか?白内障 目の健康で人生楽しく生き生きと|健康寿命の延伸は、目の健康あってこそー。モヤがかかったように視界がぼやける・・・そんな症状に心当たりはありませんか?

 腹痛や頭痛があれば病気を心配する人も、モノがぼやけて見えづらいといった目の不調は、自覚があっても放置する人が少なくありません。とりわけ高齢者の場合は「年だから仕方ない」と我慢しがちなようです。しかし、人生80年は当たり前、百寿者も珍しくなくなった日本で、できる限り自立した生活を送るためには、「目の健康」が欠かせません。長くなった人生を元気で楽しくいきいきと過ごすためにも、目の健康について学びましょう。

主な原因は「加齢」誰でも起こる「白内障」

医療法人いさな会 中京眼科 理事長 内藤尚久先生 目の病気の中には、年とともに誰にも現れる老化現象のような病気があります。その代表が「白内障」です。目の中にはカメラのレンズのように像のピントを合わせる役割をする「水晶体」という器官がありますが、これが加齢により濁っていくことで、目がかすむ、ぼやけて見える、光をまぶしく感じるなどの自覚症状が現れてきます。個人差はありますが60歳代で症状を訴える人が多く、80歳代ではほとんどの人に白内障の症状が現れています。ただし、白内障の中には生まれつき水晶体に濁りがある先天性白内障や、アトピー性皮膚炎、糖尿病など他の疾患が原因となり、20~40歳代の若年で発症する白内障もあります。その場合は対処が異なりますが、いずれも治療は可能です。

 白内障を完全に予防することはできませんが、発症や進行を遅らせることは可能です。有効な方法としては紫外線の影響を避けるためにUVカット効果のあるサングラスをかけること、抗酸化物質とされるポリフェノールやビタミンCが含まれた食品を摂り、水晶体に含まれるタンパク質の酸化を防ぐことなどがあげられます。

患者さんの負担も少なく安全性の高い白内障手術

医療法人いさな会 中京眼科 視覚研究所 所長 市川一夫先生 白内障の治療は症状が軽度な初期段階であれば、点眼薬で進行を遅らせることができます。しかし、薬だけで完治はできないため、日常生活に不便を感じたり、症状を根本的に改善したいと思う方は手術が必要となります。手術と聞くと多くの方が尻込みされますが、白内障の手術は一般的に10分前後で済み、日帰り手術も普及しています。治療内容は点眼による局所麻酔をした上で、角膜(黒目)の部分を小さく切開し、超音波機器で濁った水晶体の中身(核)を砕いて吸引し、水晶体の代わりになる「眼内レンズ」を挿入するというものです。患者さんへの身体的な負担も少なく、成功率の高い安全な治療法ですから、自立した生活ができている人なら基本的に何歳でも受けられます。80歳代で受ける患者さんも珍しくなく、中には90歳代の患者さんも見受けられるほどです。

 眼内レンズにはさまざまな種類がありますが、保険が適用されるのは、遠くか近くのどちらかにピントを合わせる「単焦点レンズ」です。乱視の矯正もできますが、多くは術後も眼鏡の使用が必要になります。これに対して遠近両用、遠中近といった「多焦点レンズ」であれば眼鏡は不要となります。これらは保険が適用されませんが、先進医療に該当するタイプのものについては保険給付の対象となります。自由診療も含めて眼内レンズの選択肢は広がっており、患者さんのニーズに合ったものを選ぶことが可能です。

手術実績が豊富で相談できる眼科医を

川本眼科 院長 川本英三先生 眼内レンズの選択肢が広がったにもかかわらず、手術を受けた患者さんの中には、術後に見え方の不満を訴える方が少なくありません。その一因として、患者さんが期待する見え方が眼科医に正しく伝わっていない場合があります。例えば車の運転が仕事や生活の一部になっている人と、そうでない人では求める視力の要求度が異なりますし、症状がそれほど進行していない人だと、術後に少しでも違和感があればそれが不満につながりやすくなります。特に多焦点レンズの場合は構造が複雑なため、光が散乱して見える現象や見えづらいと感じる方もいます。

 このようなことにならないため、眼科医はきめ細かいカウンセリングを通して、患者さんの生活状況や趣味・仕事などを把握します。患者さんに合った眼内レンズを提案できるかどうかは、眼科医の経験も大きく影響します。医師を選ぶ際には手術実績が多いか、何でも相談できる雰囲気があるかどうかを確認することが大切です。

 また、手術前には現在の視力や白内障の進行度、他の疾患がないかどうかを調べる検査をするとともに、術後の見え方を決定する眼内レンズの種類や度数を決める検査も実施します。現在、医療機器の進化に伴い、高い精度で度数を精密に計測できる機器や、手術の現場ではレーザーで精度の高い施術ができる機器など、最新の医療機器が多く登場しています。こうした機器を導入している医療機関かどうかも、手術を受ける病院選びの基準の一つといえるでしょう。

飛蚊症を起こす病気に要注意!

眼科 明眼院 院長 馬嶋清如先生 加齢に伴う目の病気は白内障だけではありません。欧米で失明原因の1位を占める「加齢黄斑変性症」は、加齢により網膜の中心部にあたる「黄斑」に異常が生じ、モノがゆがんで見えたり、視力低下や真ん中が見えなくなるという症状が現れます。近年、高齢化が進む日本でも増加しており危惧されている病気です。

 また眼圧の上昇により視神経が障害される「緑内障」は、日本の失明原因の1位です。発症原因は不明ですが、加齢や近視もリスク要因とされています。ほとんど自覚症状がないまま進行し、一度視神経に障害を受けると二度と元には戻らない深刻な病気です。

 このように加齢に伴い発症リスクが高まる目の病気は決して少なくなく、軽視は禁物です。特に失明の原因となる目の病気は、いかに早期に発見し治療するかが重要であり、安全性が高い白内障の手術でも、早期と比べて、症状が進行してからの治療は難易度が高まります。

 他の病気同様、目の病気も早期発見・早期治療が何より大切であり、そのためには40歳を過ぎたら眼科医のもとで目の検査を受けることをお勧めします。一般の健康診断における目の検査と、眼科で受ける検査では項目も得られる情報も異なるからです。また、信頼できる眼科のホームドクターを早くから見つけ、定期的に自分の目の状態を把握しておけば、いざというとき慌てず焦らず、冷静な判断ができます。「目の健康」を心掛けることで、長くなった人生を元気で生き生きと過ごしましょう。

コラム「老眼と角膜屈折矯正」