つなごう医療 中日メディカルサイト
一覧に戻る“がん研究”にまつわるあなたが知りたいこと

1.「早期発見」「検診・検査」について

お答え頂いた先生
  • 神奈川県立がんセンター 成松 宏人 先生
質問:がん検診は苦痛を伴うものが多いうえに、時間や費用面での負担も大きいことから受診をためらいがちです。もっと身体にも財布にも優しい検査・検診を実現させてほしいです。また、最近、「臭いでがんがわかる」、「血液検査でがんの診断ができる」という研究が話題になりましたが、予後不良のがんや早期発見のための研究は、どのくらい進んでいるのでしょうか?
回答:

がん検診は有効な予防法ですが、効果のある検診が限られることや、検査の種類によっては負担を伴うこともあります。

そこで、より効果的に、楽に、より手軽に、そして、安全ながん検診を受けられる未来を目指して、日夜研究が進められています。

たとえば、胃カメラ、大腸カメラなどの消化管内視鏡は機械や技術の進歩で、ずいぶんと受ける人の痛みや苦しさなども少なくなりました。今後も技術革新が期待される分野です。

また、体の中の微量な物質を測ることでがんの早期発見につなげようという研究も盛んに行われています。血液検査など、非常に負担の少ない方法で検査ができることも大きな魅力です。これらの研究には公的な研究資金の助成も行われています。しかし、これらのうちで実用化までたどり着くのはほんの一部です。また、科学的にがん検診として効果があると認められ、一般に受けられるまでには、さらに多くの研究のための時間が必要であり、まだまだ先の話と考えておいたほうがよさそうです。

このように、研究の進歩によって、未来のがん検診の進歩が期待されますが、いまのところは、推奨されるがん検診をしっかり受けることが重要です。

質問:腫瘍マーカーの説明と精度等について知りたいです。
回答:

がんの中には、そのがんに特徴的な物質を産生するものがあります。そのような物質のうち、血液中で測定可能なものが、腫瘍マーカーです。現在、数多くの腫瘍マーカーが実際の診療現場で使われています。腫瘍マーカー検査は血液検査で行う事ができるため、採血のみで、苦痛の少ない検査法です。

腫瘍マーカーは主には進展したがんの進行具合を測るために使われます。そのほか、手術、放射線治療や抗がん剤治療を行った後に、その治療が効いたかどうかを測るためにも使われます。

一方で、一般的にがんを発見するためのがん検診としては有効な腫瘍マーカーはないのが現状です。

もちろん、腫瘍マーカーの種類で様々な特徴がありますので、検査を受けた際には担当医師に疑問点を聞くといいでしょう。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/diagnosis/tumor_marker.html

質問:早期発見のためにはどれくらいの頻度で検査を受ければいいですか?
年1回の検診で大丈夫ですか?
回答:

がん検診の目的は、がんを早期発見し、早期に治療を行うことでがんで死亡する人を少なくすることです。単に多くのがんを見つけることが、がん検診の目的ではありません。がん検診は1~2年(1年か2年かは、がん検診の種類によって違います)に一回の受診が奨められているのは、その間隔の検診が科学的な根拠をもって、がんで死亡する人を減らすことができることが証明されているからです。

がん検診には限界があり、ある程度の見逃しは、どのような検診であっても起こってしまいます。たとえば、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合は見逃しが起こる可能性があります。しかし、それらのがんが検診の間隔を短くすることで見つけやすくなるかどうか、そして、見付けることにより最終的にはがんで亡くなることを防げるかは、はっきりしません。

これらのことを考えると、現在奨められている1~2年の間隔でのがん検診の受診が現時点では最もおすすめできるということができます。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html

質問:妻は、人間ドックを毎年受けていたにもかかわらず、ガンが見つかった時は手遅れでした。何の為の人間ドックなのか理解できません。
回答:

がん検診には限界があり、ある程度の見逃しは、どのような検診であっても起こってしまいます。たとえば、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合は見逃しが起こる可能性があります。

がん検診の目的は、がんを早期発見し、早期に治療を行うことでがんで死亡する人を少なくすることです。現在、さまざまながん検診が行われていますが、がん死亡率の減少が科学的に認められたのは、胃がん検診(胃X線)子宮頸部検診(細胞診)乳がん検診(視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用)肺がん検診(胸部X線と喀痰細胞診(喫煙者のみ)の併用)大腸がん検診(便潜血検査、大腸内視鏡)などといった非常に限られた項目のみです。人間ドックなどで受けるそれ以外の検診は、もちろん、効果を期待して受けるとしても、今のところ科学的根拠を持って効果があるかどうかを言えないものになります。

特に人間ドックは多くの費用がかかる場合もあり、あらかじめ検査の効果や限界について納得した上で受診することが大事です。不明な点はあらかじめ、検診の担当機関に問い合わせをするといいでしょう。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html

質問:がんになる要因として、生活習慣遺伝はどちらが大きいのでしょうか?
がんの種類によって違いますか?また、大昔の人は、がんとは無縁だったのでしょうか?
回答:

がんは生活習慣に代表される「環境要因」「遺伝要因」のかけ算で発症すると考えられています。それぞれのがんによって、かけ算の要素である環境要因と遺伝要因のうち、どちらがより大きな役割を占めるのかはそれぞれ違っていると考えられます。「環境要因」、「遺伝要因」ともにがん発症について重要な情報ですので、検診の際に参考にするために、情報を得ていることが多いようです。

ただし、遺伝性乳がん卵巣癌症候群といった一部のがんを除いてどのように遺伝要因ががんの発症に関わっているのかは、まだはっきりとは分かっておらず、精力的に研究が続けられています。

遺伝カウンセリング外来を開設している医療機関もあります。血縁の方で、がんを発症された方が多い、若いうちにがんを発症したなど心配なことがあれば、対応してもらえることもあります。

ちなみに、がんは年齢を重ねると発症率が上がっていきます。平均寿命の短かった昔の時代では、がんで亡くなる人は少なかったと考えられます。

【参考】
【小冊子「乳がんと遺伝について」 監修中村清吾 株式会社ファルコバイオシステムズ(PDF)】
  http://www.hboc.info/pamphlet/pdf/shousasshi_20150425.pdf

質問:乳ガン検診は、マンモグラフィーが最善の方法なのでしょうか?
それ以外に有効なものはないのでしょうか?
回答:

がん検診の目的は、がんを早期発見し、早期に治療を行うことでがんで死亡する人を少なくすることです。現在、さまざまながん検診が行われていますが、乳がんでがん死亡率の減少が科学的に認められたのは、視触診マンモグラフィ(乳房X線)の併用です。
一方で新たな有効な検診法の研究も進んでいます。例えば、日本では超音波検査が有効かどうかを明らかにするための研究も進んでおり、今後の研究成果が期待できそうです。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html
 J-START ホームページ
http://j-start.org

質問:毎年がん検診を受けていても、末期になってやっと発見されたりするのはなぜなのでしょうか? 医学は日進月歩を遂げているのだから、ステージ4になるまで見逃されることを何とかできないのでしょうか。
回答:

症状のない時期にがんを見付けて早期治療につなげるのが、がん検診の目的ですが、ある程度の見逃しは、どのような検診であっても起こってしまいます。たとえば、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合は見逃しが起こる可能性があります。ですので、今の医学をしても、進行してがんが見つかるケースも残念ながらあります。

がんの種類によってはこれといった症状が出ないまま進行することの多いがんがあります。たとえば、すい臓癌は早期発見の難しいがんの一つです。すい臓は体の深いところに位置し、がんが発生しても見つけるのが非常に難しいのです。早い段階では特徴的な症状もありません。このため、胃がんや大腸がんのように早期のうちに見つけることは難しく、すい臓がんとわかったときにはすでに進行していることが多いのです。

がんの種類によって、出やすい症状もちがいがありますので、心配な場合はまずは、医療機関を受診して相談するといいでしょう。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html
http://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/

質問:早期発見のために、がん検診を義務化することはできませんか?
国の検診無料クーポン券配布事業の成果は上がっていますか?
回答:

がん検診はがんの有効な予防法ですが、一方で以下のようなデメリットもあります。

  • ・がん検診でがんが100%見つかるわけではないこと
  • ・がん検診で要精密検査となり、二次検査を受けてがんではなかった場合には、結果的に不必要な検査を受けてしまうことになること
  • ・消化管内視鏡検査の際に、出血や穿孔(せんこう)を起こすといった、検査に伴う偶発症が少ないとは言え一定の確率で起こる可能性があること

これらのことを考えると、義務化するには大きなハードルがあるのが現状です。

ただ、各自治体などでは、検診受診率を増やすための様々な施策を行っています。無料クーポンの配布もその一つで、検診受診率の増加につながったと報告されています。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html

質問:PET検査を受けたところ、費用が高額でした。保険適用は無理なのでしょうか?
PET以外に、有効ながん検査はありますか?
回答:

現状の制度では、検診は健康保険の対象になりません。保険組合などが独自に助成を行う場合もありますので、不明な点は加入する健康保険に問い合わせするといいでしょう。

現在、さまざまながん検診が行われていますが、がん死亡率の減少が科学的に認められたのは、胃がん検診(胃X線)子宮頸部検診(細胞診)乳がん検診(視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用)肺がん検診(胸部X線と喀痰細胞診(喫煙者のみ)の併用)大腸がん検診(便潜血検査、大腸内視鏡)などといった非常に限られた項目のみです。PETなど、人間ドックなどで受ける、それ以外の検診は、もちろん、効果を期待して受けるとしても、今のところ効果があるかどうか科学的根拠を持って言えないものになります。

特にPET検査は多くの費用がかかる場合もあり、あらかじめ検査の効果や限界について納得した上で受診することが大事です。不明な点はあらかじめ、検診の担当機関に問い合わせをするといいでしょう。

質問:がんの早期発見により命の助かるケースがある一方で、特に地方の医療機関では、発見が遅れたために助けられたはずの命が失われるケースもあるという不平等が生じています。このような地域格差を解消することは、国の急務ではないでしょうか?
回答:

国ではがん対策基本法のもと、様々な対策を講じ、がんに負けない社会づくりを推進しています。その大きな目標となっているのが、だれもがどこにいても質の高いがん医療を受けられるがん医療の「均てん化」です。地域における医療機関の役割分担の見直し、がん医療専門の医療関連職種の育成、医療機関の連携などを図り、患者さんが望む時期に適切な医療を受けられるような環境整備が続けられています。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/qa_links/dictionary/dic01/kintenka.html

質問:早期発見できる「がん」(健康診断で見つかる「がん」)の種類とその検査方法及び治癒率(現状レベルと中期目標)、早期発見が困難な「がん」(健康診断で見つかりにくい「がん」・見つからない「がん」)の種類について教えてください。
回答:

がんを早期発見するための有力な方法が、がん検診です。がん検診の目的は、がんを早期発見し、早期に治療を行うことでがんで死亡する人を少なくすることです。現在、さまざまながん検診が行われていますが、がん死亡率の減少が科学的に認められたのは、胃がん検診(胃X線)子宮頸部検診(細胞診)、乳がん検診(視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用)肺がん検診(胸部X線と喀痰細胞診(喫煙者のみ)の併用)大腸がん検診(便潜血検査、大腸内視鏡)などといった非常に限られた項目のみです。人間ドックなどで受ける、それ以外の検診は、もちろん、効果を期待して受けるとしても、今のところ効果があるかどうか科学的根拠を持って言えないものになります。

よって、上に述べた科学的に有効な検診があるがん以外のがんでは、残念ながら有効な早期発見の検診法がないのが現状です。たとえば、すい臓癌は早期発見の難しいがんの一つです。すい臓は体の深いところに位置し、がんが発生しても見つけるのが非常に難しいのです。早い段階では特徴的な症状もありません。このため、胃がんや大腸がんのように早期のうちに見つけることは難しく、すい臓がんとわかったときにはすでに進行していることが多いのです。

がんの種類によって、出やすい症状にも違いがありますので、心配な場合はまずは、医療機関を受診して相談することが大切です。

【参考】がん情報サービス ganjoho.jp (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/screening/about_scr.html

  • 1.「早期発見」「検診・検査」について
  • 2.「職業」「食生活」「習慣」について
  • 3.「がんの予防」について
  • 4.「遺伝・血縁」について
  • 5.「体質」「年齢」「性別」「性格」について
  • 6.「抗がん剤の効果・副作用・安全性」について
  • 7.「がん治療の費用・保険」について
  • 8.「癌について知りたい」「癌についての情報」について
  • 9.「がんのメカニズム」「がん研究」について
  • 10.「医療機関」「医師」について
  • 11.「精神的ケア」「がんとの共存」について
  • 12.「肺がん」について
  • 13.「食道がん」「胃がん」「大腸がん」について
  • 14.「肝臓がん」「すい臓がん」について
  • 15.「乳がん」について
  • 16.「子宮がん」「卵巣がん」について
  • 17.「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」について
  • 18.「その他のがん」「白血病」などについて
一覧に戻る一覧に戻る
企画・制作/中日新聞広告局