つなごう医療 中日メディカルサイト

中日新聞 広告局 企画・特集

延ばそう健康寿命!今日からできる心臓病と脳卒中の予防と対策
去る7月15日・16日の両日にわたり、長良川国際会議場(岐阜市)を中心に『第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会』が開催されました。動脈硬化性疾患の予防・治療に関する専門医の多彩な研究の成果が発表されるとともに、16日には「市民公開シンポジウム」が開催され、専門家の講演やパネルディスカッションを通して、市民の方が動脈硬化への理解を深め、予防の大切さについて学ぶ貴重な機会となりました。

■共催/第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会、ファイザー株式会社、中日新聞社
■後援/厚生労働省、愛知県、名古屋市、日本医師会、愛知県医師会、名古屋市医師会
■企画・制作/中日新聞広告局

ご挨拶

第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会 会長 名古屋市立大学副学長・大学院医学研究科教授 横山信治先生

 今回開催された『第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会』は、約1000人の研究者が一堂に会して、動脈硬化性疾患についての予防、治療を含む様々な研究の成果を発表、検討する場となります。これを踏まえ、市民の皆様にも動脈硬化についての基本的な知識と、予防の大切さを学んでいただく機会を提供するのがこの「市民公開シンポジウム」です。
  本日は4名の地域を代表する専門家が、各専門分野に関する講演を行うとともに、7年前に脳梗塞を発症され、闘病の経験をお持ちの歌手・西城秀樹さんにご参加いただくパネルディスカッションも実施します。本日のシンポジウムを通して、皆様には本日のテーマ「延ばそう健康寿命」をかなえるための動脈硬化予防と対策の知識を得ていただくことを心より願っております。

第1部 講演会

講演1 動脈硬化の予防と早期発見

岐阜県立多治見病院臨床検査科 部長 兼 循環器内科 主任医長 救急科 主任医長 日比野 剛 先生
 動脈硬化とは、老化で血管壁が硬くなるとともに、動脈の内膜に悪玉コレステロール(LDL―C)が溜まって厚くなり、血流が悪くなる状態をいいます。しかし、近年は食生活の欧米化や運動不足による脂質異常症や高血圧症、メタボリックシンドロームが中高年だけでなく若い世代にも増えており、動脈硬化も若年化しているのが問題となっています。
  しかも動脈硬化は全身の血管に起こるため、引き起こされる病気も脳、心臓、腎臓、足の動脈など身体の様々な箇所に及びます。発見が遅れれば命にかかわりますが、多くは超音波やCTなど痛みのない検査で早期発見が可能。早期なら開胸、開腹手術でなく、身体的な負担の少ないカテーテル治療ができ、入院も数日で済みます。まずは正しい食生活、適度な運動、禁煙など生活習慣の改善により動脈硬化の予防を心がけるとともに、もし異常を感じたら迷わず専門医を受診してください。

講演2 脂質異常と食生活

岐阜大学大学院 医学系研究科病態情報解析医学 教授 清島 満 先生
 動脈硬化は年をとれば誰でも進行しますが、これに脂質異常症、高血圧、糖尿病、喫煙などの危険因子が重なると、脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険が飛躍的に高まります。特に悪玉コレステロール(LDL―C)が高く、善玉コレステロール(HDL―C)が低く、中性脂肪が多い「脂質異常症」が問題。現在、日本人の若い世代のコレステロール摂取量は、米国の同世代の値を上回るまで増加しており、将来が非常に危惧されています。
  脂質異常症の治療は、食事・運動療法を第一にし、効果を見て薬物療法を追加します。食事療法は、食事量を調節して摂取カロリーを適正にしたうえで、食事内容を改善。脂肪や糖分、塩分を摂り過ぎず、青魚に含まれる不飽和脂肪酸や、海藻・きのこに豊富な食物繊維、抗酸化作用のある日本茶や果物・野菜などを積極的に摂ります。これに適度な運動を加え、若いうちから脂質異常症を予防しましょう。

講演3 糖尿病管理の重要性~食後高血糖にご用心~

戸谷内科 院長 岐阜県医師会 常務理事 戸谷 理英子 先生
 現在、糖尿病は40歳以上の3人に1人が発症、もしくは予備軍といわれるほど増加しています。しかし、初期は自覚症状が乏しいため、40歳以上で糖尿病が疑われる人の約40%が、未治療か治療を中断している状態。放置すればやがて合併症を起こし、中途失明や腎不全、足の壊疽による切断など、健康寿命の短縮を余儀なくされます。しかもごく早期の段階でも、食後の高血糖が続くと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクが高まることがわかりました。
  一方、治療は食事・運動療法を基本としたうえで、薬物療法を補います。糖尿病は発症すると一生管理が必要な病気です。診断されたら自己判断しないで、定期的に受診してください。そして何より大切なのは、適切な生活習慣により予防を心がけることと、定期健診で異常が指摘されたら精密検査を受け、早期発見につなげることです。 

講演4 禁煙の重要性~脳・心血管病予防のために~

JA岐阜厚生連中濃厚生病院総合内科 部長 飯田 真美 先生
 たばこには約4000種類もの化学物質が含まれており、有害性が明らかな物質だけでも約200種類、発がん性物質は約60?70種類あります。そのためがんや脳卒中、心臓病だけでなく、メタボリックシンドロームや糖尿病、認知症など、様々な疾患の発症を高めることが明らかになっています。また、副流煙による受動喫煙の被害も深刻な問題となっています。公共の場で喫煙を禁止する法律を施行したところ、非喫煙者も心筋梗塞の発症率が大幅に減少したという海外の調査結果もあるほどです。
  喫煙者の中には意思が弱いから禁煙できないという方がいますが、喫煙習慣はひとつの病気と考え、治療を受けることが望まれます。禁煙治療にはニコチンパッチやニコチンガム以外に、今では内服薬もあり、条件を満たせば保険診療も可能になりました。禁煙を望む方は、悩む前に禁煙外来などの医療機関を受診しましょう。

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人