つなごう医療 中日メディカルサイト

岐阜

欧州心臓病学会で最優秀 青山琢磨医師(美濃加茂・木沢記念病院) 写真
 木沢記念病院(美濃加茂市)循環器病センター長の青山琢磨医師(54)が、8月にスペイン・バルセロナで開かれた欧州心臓病学会で、心不全部門の最優秀賞を受賞した。抗がん剤によって誘発される心筋症や心不全を防ぐ糸口となる研究発表が評価された。(平井一敏) 同学会は8月26〜30日にあり、世界150カ国から約3万2千…(2017年10月3日)
患者を尊重 認知症介護記 岐阜の敷島さん連載 遺族が冊子に 写真
 高齢化の進展で身近になった認知症。かつて差別的な見方で「痴呆(ちほう)症」と呼ばれた時代に、患者の尊厳を重視して介護に励む女性が岐阜市にいた。その経験が今に役立てばと、当時書き残していた連載記事を、遺族が小冊子にまとめた。(近藤統義) 女性は、2年前に93歳で死去した敷島妙子さん。50代のころ、認知症の義父…(2017年9月30日)
美濃加茂・木沢記念病院 新病院計画 高まる期待 写真
 美濃加茂市古井町の木沢記念病院が、同市蜂屋町の県生物工学研究所跡地に新病院「総合医療センター(仮称)」の建設を目指している。がんの重粒子線治療装置を県内で初めて導入するなど、最先端の医療環境を整える構想。ただ、用地の取得が遅れ、当初2016年の予定だった完成時期は22年ごろにずれ込んだ。地域医療の充実に期待…(2017年9月4日)
難病のタレント塚本明里さん 岐阜・長良特別支援学校で講演 写真
 難病を抱えながらタレントとして活躍する塚本明里さん(27)=可児市=を招いた地域交流講座「先輩の話を聞く会」が31日、岐阜市長良の長良特別支援学校であった。同校生徒や地域住民など80人が参加した。 塚本さんは、激しい疲労感が続く難病「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)」を抱えている。15分間も立…(2017年9月1日)
ホテル客104人 食中毒 高山 カンピロバクター検出 
 県は29日、高山市荘川町町屋作助谷のホテル「龍リゾート&スパ」に学習塾の合宿のため宿泊していた高校生ら17〜33歳の男女104人が、腹痛や下痢、発熱などの症状を訴え、複数の人の便からカンピロバクター属菌が検出されたと発表した。うち30人が医療機関で受診したが、入院患者はおらず、全員が快方に向かっているという…(2017年8月31日)
脳腫瘍、食道がん根治へ 岐阜大病院 レーザー治療法導入 写真
 岐阜大医学部付属病院(岐阜市)は、脳腫瘍を摘出した後、手術痕周辺にレーザー光を当てて再発を防ぐ治療法を、東海三県で初めて導入したと明らかにした。この方法は、食道がんの放射線治療後に再発した場合の治療法としても活用でき、食道がん向けの導入は東海三県では名古屋市立大付属病院に続いて2カ所目。  脳腫瘍の場合、摘…(2017年8月17日)
肥満新療法 共同研究へ 写真
 小腸に消化吸収を妨げる膜を張ることで肥満を解消する、新たな治療法の実用化を目指し、松波総合病院(笠松町)と東京大が8日、共同研究に取り組むと発表した。 同病院によると、現在の肥満治療では、胃を切除する外科手術が一般的という。 共同研究する治療法は、内視鏡を使い、一部の栄養素だけを吸収する膜を小腸の内側に通す…(2017年7月9日)
馬のまちを 癒やしの場に 笠松でホースセラピー構想 松波総合病院など 引退馬に役割期待 写真
 競走馬として役割を終えた馬に、ホースセラピー(乗馬療法)で活躍してもらおうという構想が、笠松競馬のある笠松町で走りだしている。松波総合病院や町、笠松競馬などが共同で進めている。試行的な取り組みが6日、隣町にある羽島特別支援学校(羽島市)であった。(水越直哉) 馬にニンジンを与え、たてがみを優しくなでていた子…(2017年7月7日)
岐阜大病院に最新手術ロボ 「ダビンチXi」 写真
 岐阜大病院は26日、最新の手術支援ロボット「ダビンチXi」を導入すると発表した。前立腺がんなどは開腹せずに患部を切除でき、迅速な手術がより多くの患者の受け入れにつながると期待する。(兼村優希) ダビンチは、手術用具やカメラが付いた計4本のロボットアームを、執刀医が離れた操作台で3次元の立体映像を見ながら遠隔…(2017年6月27日)
がん治療と仕事 両立支援 岐阜市民病院 患者と事業所 個別相談会始まる 写真
 がんの治療を受けながら仕事を続けたいと望む患者や、その家族、雇用する事業所などを対象にした、月1回の無料個別相談会が20日、岐阜市鹿島町の市民病院で始まった。(兼村優希) 医療の進歩で、がんと診断されてから5年後の生存率は、6割を超える。症状によっては治療しながら仕事も両立できるが、職場への伝え方や、雇う際…(2017年6月22日)

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人