つなごう医療 中日メディカルサイト

紙上診察室

数年前から膀胱炎繰り返す 写真
 数年前から膀胱(ぼうこう)炎を繰り返しています。抗生剤を飲めば良くなりますが、1週間で再発することもあります。超音波検査で異常はありませんでしたが、ほかにも何か検査をした方が良いのでしょうか。(女性・70歳) 何らかの原因で膀胱内に細菌が繁殖し、粘膜に炎症が起きることで生じる病気です。大半は「急性膀胱炎」で…(2017年9月5日) 続きを読む
熟睡した感じなく、昼間に眠い 写真
 睡眠時間は十分に取っていますが、昼間、眠くて困っています。熟睡した感じがなく、だるくてすっきりしません。持病はありません。対処法は?(男性・65歳) まず本当に睡眠時間が十分か確認しましょう。睡眠専門の学会などが推奨する睡眠時間は7時間以上です。成人は7〜9時間、65歳以上は7〜8時間がよいとされています。…(2017年8月29日) 続きを読む
三叉神経痛、薬以外の治療は 写真
 1年ほど前から左の頬と左の奥歯に痛みがあります。原因は三叉(さんさ)神経かもしれないとのことで、内科で処方された薬を毎日服用していますが、すっきりしません。知人から鍼灸(しんきゅう)治療がよいと聞いたのですが、受けてもいいですか。(女性・66歳) 三叉神経は、顔面に対する外からの刺激を伝える脳神経で、左右一…(2017年8月22日) 続きを読む
くも膜下出血後、水頭症で手術 写真
 7年前にくも膜下出血となり、その後水頭症にもなり手術しました。今は降圧薬を飲んでいます。最近、頭がぼうっとすることが多くなり、再発ではと心配です。 (女性・70歳) くも膜下出血は主に脳の血管のこぶ(脳動脈瘤(りゅう))破裂によって起き、中年以降の女性や喫煙者に多い脳出血です。この出血で脳脊髄液の通り道であ…(2017年8月15日) 続きを読む
更年期でうつ、早く治したい 写真
 2年前から不眠や食欲不振などの症状があり、更年期障害によるうつと診断されました。集中力がなくなり、仕事もやめました。漢方薬などを処方されていますが、すぐには治らないと医師は言います。一日も早く治したいです。 (女性・55歳) 更年期には加齢現象に加え、女性の体内でホルモン環境が大きく変わります。おおよそ二人…(2017年8月8日) 続きを読む
夫に若年性認知症の疑い 写真
 50歳の夫は物忘れが激しくなり、仕事の約束を忘れるなどミスが増えて悩んでいたため、うつ病と思い受診したところ、若年性認知症の疑いとのこと。どんな病気ですか?(女性・46歳) 65歳未満で発症した認知症は一般に若年性認知症と呼ばれています。厚生労働省の調査では全国の推定患者数は約3万8千人です。 原因は、アル…(2017年8月1日) 続きを読む
ピロリ菌除菌の薬で副作用 写真
ピロリ菌が見つかり除菌の薬を服用したところ、脚に発疹が出ました。ペニシリンアレルギーだそうです。治療が中止になり、先が不安です。梅がいいと聞きましたが食事療法は効果がありますか。(男性・68歳)ピロリ菌の詳しい感染経路ははっきりしませんが、幼少期に口から感染するとみられ、胃にすみ続けることで粘膜に炎症をきたし…(2017年7月25日) 続きを読む
早朝のこむら返り、減らすには? 写真
 こむら返りが毎日早朝に起こります。血流を良くする薬などを服用し、やや回数は減りましたが、さらに減らす方法は? (女性・74歳) 睡眠中の筋けいれん(こむら返り)の原因はよくわかっていません。掛け布団から脚が出ているとつりやすく、脚を布団の中に戻し温まるとけいれんが治まることがあるため、下肢の温度の低下が関係…(2017年7月11日) 続きを読む
白内障手術後、全体がかすむ 写真
 昨年、白内障の手術をしました。もともと緑内障で瞳を小さくする目薬を使っており、その影響で瞳が固まっていたため、瞳を開く処置をしてから手術を受けました。その後もすっきり見えず、今年2月には「ぶどう膜炎」と診断されました。以前より全体的にかすんで見にくくなっています。(女性・80歳) 瞳を小さくする目薬を使って…(2017年7月4日) 続きを読む
前立腺がん手術後、PSA値上昇 写真
 五年前の前立腺がん手術後、ホルモン治療を続けています。最近、がんをチェックする指標のPSA値が上昇し、医師から抗がん剤治療を勧められ不安です。(男性・71歳) 前立腺がん手術は根治を目指して行います。根治治療はがん細胞をすべて取り除いて治癒を目指すもので、手術療法と放射線療法があります。ただ、中にはがん細胞…(2017年6月27日) 続きを読む

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人