つなごう医療 中日メディカルサイト

紙上診察室

肩に石灰たまり痛み激化 写真
 以前からの右肩の痛みが激しくなり、腕も上がりません。肩に石灰がたまり炎症が起きているとのことですが、今後の治療は?(女性・58歳) 肩を動かす腱(けん)の中に石灰(カルシウムの一種)が沈着して炎症を起こすのが、石灰沈着性腱板炎です。肩が強く痛む病気の代表的なもので、石灰性腱炎、石灰沈着性滑液包炎などとも呼ば…(2010年6月4日) 続きを読む
眼内レンズに寿命はある? 写真
 50歳で白内障手術を受けました。眼内レンズの寿命はあるのでしょうか。取り換える場合、何歳になっても取り換え手術はできますか。(女性・63歳) 眼内レンズは生体適合性が良く、耐久性のある材質でできているので、交換が必要になるほど劣化が問題になることはほとんどありません。が、熱や紫外線、酸素や水などにより、わず…(2010年5月28日) 続きを読む
舌を磨いていたら傷つけた 写真
 口臭予防で舌を歯ブラシで磨いています。強くこすりすぎて舌を傷つけてしまい、汚れが目立つようになりました。対処法は?(女性・49歳) 舌の表面(舌背(ぜっぱい))にみられる白色のコケ状の付着物を舌苔(ぜったい)といいます。舌の表面には糸状乳頭という角質層で覆われた表皮組織があり、白っぽい色をしています。そこに…(2010年5月21日) 続きを読む
排卵日あたりに右下腹部に痛み 写真
 1カ月おきの排卵日あたりに、右下腹部に痛みが起こります。排卵がある限り続きますか。20歳のころ卵巣のう腫を指摘されました。2回、帝王切開で出産しています。(女性・37歳) 排卵痛とは卵子が排卵される際に起こる痛みのことで、排卵前に痛む場合と、排卵直後に痛む場合とがあります。前者は排卵直前に卵胞が膨張するため…(2010年5月14日) 続きを読む
『鼻前底嚢胞』と診断されたが… 写真
 右鼻が痛み受診したところ、鼻前底嚢(のう)胞と診断されました。詳しい説明や治療もなく、心配です。どんな病気ですか?(女性・78歳) 鼻の入り口の底(下部)を鼻前底部と呼びますが、そこに嚢胞という袋ができる病気です。鼻が詰まるほか、感染が起きて痛みや腫れが出ることもあります。原因不明ですが、先天的な場合や鼻の…(2010年5月7日) 続きを読む
結腸憩室症で腹痛が治らない 写真
 1年半前から腹痛があり、1年前に大腸カメラで上行結腸憩室多発と診断。薬を飲んでいますが、腹痛が治りません。(女性・78歳) 結腸憩室症は、腸の一部が壁外に突出する病気で多発することが多く、“西洋文化の病”とも言われます。民族性もありますが、食生活の違いによる食物繊維の摂取量不足と加齢が発症の原因と考えられて…(2010年4月30日) 続きを読む
爪を取っても爪水虫が治らない 写真
 三、四年前から足の爪(つめ)水虫で通院しています。外用薬を塗り、爪を取り除く治療をしましたが、良くなりません。ほかの治療法は?(女性・83歳) 爪水虫は原因となる白癬(はくせん)菌(いわゆる水虫菌)が爪に入り込む感染症です。特徴は爪が厚く白濁して変形し、もろくなります。白癬菌は皮膚や頭皮などにも感染し、接触…(2010年4月23日) 続きを読む
首のこぶが徐々に大きくなる 写真
 二十年前から首の左側にあったこぶが徐々に大きくなり、現在は直径四、五センチ大です。昨年末の画像診断では良性腫瘍(しゅよう)で手術は勧めないと言われましたが、気になります。(女性・61歳) お手紙からは、良性腫瘍の疑いが強いと考えられますが、これらはあくまで状況証拠であり、診断が確定したわけではありません。慎…(2010年4月16日) 続きを読む
常に涙がたまり流れ落ちる 写真
 十年以上前から、常に涙がたまって流れ落ちる状態です。目の疲れやかすみもあります。目薬をもらっていますが治りません。(女性・65歳) ご相談者のように、必要以上に涙が出る状態を「涙目」、医学用語では「流涙症」といいます。涙は常に眼球の表面に潤いを与え、保護する大切なものですが、必要以上に涙が出ると日常生活にも…(2010年4月9日) 続きを読む
目の周りに繰り返し湿疹 写真
 三歳の娘の目の周りの湿疹(しっしん)が、二年ほど薬を使っても治る、出るを繰り返します。目への影響も心配です。かかりつけ医は次第に落ち着くので気長に治すようにと言われましたが。(女性・33歳) 目の周りの皮膚炎のご相談ですが、アトピー性皮膚炎または外来性の原因物質(アレルゲン)による接触皮膚炎(かぶれ)が考え…(2010年4月2日) 続きを読む

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人