つなごう医療 中日メディカルサイト

ホンネ外来

譲る心大切/患者でカルテの管理を 
 私は月に2回、他県の大学病院に通院しています。診察してもらうのは、早いときでも予約時間の1時間後です。でも、苦にはなりません。自分より症状の重い人、早く診てもらいたい人に順番を譲ってもらうように、主治医に告げています。 病院では「自分だけが良くなりたい」と思うのではなく、患者同士で譲り合う気持ちも…(2010年7月20日) 続きを読む
患者思いの医師/服装に配慮を 
 2カ月前、双子の赤ちゃんを出産しました。NICU(新生児集中治療室)のある市立病院で帝王切開でした。担当は若い女医さんで、最初は不安だったのですが、入院日から退院の朝まで、ずっと朝夕、病室に顔を出してくれました。 先生が毎日、声をかけてくれるので、これからの子育てへの不安が軽くなりました。患者思いの先生に感…(2010年7月13日) 続きを読む
休日の担当医の対応に疑問 
 人工透析を26年間受けてきた夫は、2年前から車いすの生活でした。3月の日曜日の午前中に体調が悪くなり、いつも通院にお願いしている福祉サービスの会社に電話しましたが休み。事情を説明し、救急車で病院に運んでもらいました。病院も休日で、大学病院から来た若い先生が当直でした。「こんなことぐらいで救急車を呼んではだめ…(2010年7月6日) 続きを読む
心休まらぬ言葉/性急な若先生 
 娘の初産の時のことです。分娩(ぶんべん)室の前で陣痛をこらえている様子に、自分がお産した時よりもつらい気持ちでいっぱいでした。 「まだでしょうか」と尋ねると、看護師さんは「お母さんもお産をしたから分かっているでしょう。初産でそんなに早く生まれるわけはありません」と強い口調。「おなかの赤ちゃんも頑張っています…(2010年6月29日) 続きを読む
何のための予約/転院後もケア 
 夫が胸の痛みで市民病院の循環器科にかかり、検査結果を聞くために受診した時のことです。2時の予約だったのに、なかなか呼ばれず、2時間待っても順番が来ません。隣の患者さんに尋ねると、同じ2時の予約で、やがてその人が先に呼ばれました。 5時までに市役所に行く用があり、受付で断って、帰りました。帰宅後、病院から「い…(2010年6月22日) 続きを読む
間違った薬使用法/はしゃぐ病院職員 
 寝たきりの夫の背中にこぶができ、調剤薬局で患部の消毒水と塗り薬をもらいました。翌日、消毒水のラベルを確かめると「1回に1目盛りずつお飲みください」と書いてありました。容器の中身が半分ほどに減っており、夫に聞くと「ラベルに書いてあるから飲んだ」とのこと。 幸い体調に異常はなかったけれど、ラベルの説明文を間違え…(2010年6月15日) 続きを読む
主治医らのおかげで立ち直る/画面見ずに患者を見て 
 私は33年前に、うつ病にかかりました。何度死のうと思ったか分かりません。そんな時、主治医、看護師、ケースワーカーに支えられて、立ち直ることができました。 現在はデイケアに通っています。主治医は患者の立場になって意見をよく聞いてくれるので、穏やかに過ごせます。今後は、外来に通わなくても済むように、頑張りたいで…(2010年6月8日) 続きを読む
雑談聞き不安に/『言葉』に注意を 
 市の乳がん検診で異常が見つかり、乳腺外来を受診したときのことです。女性の技師さんともう1人のスタッフは、検査中も関係のないおしゃべりをしたりしていましたが、マンモグラフィーの画像を見ると「せっかくだから見つけたいね」「これかな? これかな?」と2人で話していました。 私は完全に何かあると覚悟しましたが、その…(2010年6月1日) 続きを読む
勝手な患者に困惑/正反対の指導  
 病棟勤務の看護師です。最近の患者さんは自己中心的な人が増えているように思います。ナースコールが鳴り病室へ行くと、棚の上の物を「あれ、取って」。動けるのだから自分でやっていただくよう説明すると「入院してるんだから、それぐらいやれ」。ご家族も、おむつや着替えを持ってきてほしいとお願いすると「使いすぎだ」。 私た…(2010年5月25日) 続きを読む
『看護師』本腰入れたいのに…/医師の交代に不信感 
 准看護師として就職して1年5カ月になります。ブランクが長かったこともあり「教育します」という条件で就職したのに、なかなか看護師の仕事を教えてもらえません。出勤しても決まった仕事はなく、専門職でなくてもできることを言われるままにやります。子育ても一段落して、本腰を入れて働きたいと意気込んできたのに、がっくりし…(2010年5月18日) 続きを読む

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人