つなごう医療 中日メディカルサイト

ホンネ外来

母のみとり あれで良かったのか・・・ 
 2月9日付の余命告知をテーマにした「ホンネ外来 発」を読みました。15年前に母=当時(50)=を卵巣がんで亡くしたとき、主治医にがんを告知してもらいました。母は勘が鋭く、ごまかせないと思ったからです。母は、がんが敵と知っても前向きに闘いました。 余命は知らせなかったのですが、それで良かったと思いま…(2016年3月1日) 続きを読む
心強かった看護師の検査付き添い 
 体調が悪かったので、近所の産婦人科を受診しました。子宮体がんの検査を受けたら「陽性の疑いがある」と診断されました。紹介状を書いてもらい、セカンドオピニオンを受けに、総合病院を受診しました。 診察を受けると、すぐに子宮内膜の組織検査をすることになりました。自分で事前に調べた情報では、検査はかなり痛みを伴うとの…(2016年2月23日) 続きを読む
別の医師受診後、主治医の対応冷たく 
 風邪をひいてから胃が不調で体重も減りました。もともと別の病気で通っていた公立病院で、検査を受けました。 そのとき診てくれたのは主治医とは別の医師でしたが、胃カメラの画像を見て「慢性胃炎がかなり進んでいますね」と言いました。私が「薬は出してもらえますか?」と聞くと「今、痛いですか?」と尋ねられました。そのとき…(2016年2月16日) 続きを読む
母の検査を求めず後悔 
 一昨年、認知症がある母=当時(84)=が胃の不調を訴えました。病院に連れて行こうとすると逃げ出されることの繰り返しで、説得に1カ月以上かかり、ようやく病院の内科を受診しました。 しかし、母は頑固になっていて、コンピューター断層撮影(CT)検査を拒みました。すると、医師は「認知症の治療が先」と検査も治療も何も…(2016年2月2日) 続きを読む
やさしい言葉も治療の一つ 
 5年ほど前に通っていた近所の歯科。「こんなに歯の悪い人はいない」などと、歯科医師がブツブツと独り言をつぶやいてから治療が始まりました。具合が悪くて受診しているのに、そのようなことを言われるとつらくなります。 今は、歩いて30分近くかかりますが、違う歯科に通っています。夫を亡くしたり、骨折したりして調子が悪か…(2016年1月26日) 続きを読む
主治医のほめ言葉 励みに通院 
 4年ほど前に睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断され、診療所に通って治療を続けています。毎晩、CPAP(シーパップ)という治療装置を顔に付けて眠っています。 最初にお世話になった院長は、普段は厳しい方だそうですが、いつも「100点満点ですよ」とほめてくれました。私は、装置を付けて眠るだけのことで、当然のことだ…(2016年1月12日) 続きを読む
待ち時間長すぎ体調崩す 
 眼科医院に母(80)が通っています。先日、専門的な治療を受けたときのこと。朝7時すぎに出掛けましたが、検査や治療の待ち時間が長く、すべて済んで帰宅したのは夕方。 翌日、母は疲れたのか体調を崩し、緊急入院してしまいました。もともと持病があり、待ち時間がこたえたようです。治療には満足していますが、腕のいい医師が…(2015年12月22日) 続きを読む
手術に学生・・・説明足りずショック 
 今春、大きな総合病院で下腹部付近の手術を受けました。手術前、麻酔科の診察のときに医師から「学生の教育や研究への協力に同意してもらえますか」と聞かれ、同意しました。医学の発展に、少しは貢献できるのではないかと考えたからです。 初めての全身麻酔と手術。怖くて緊張してきたとき、6年生という医学生が現れました。私は…(2015年12月15日) 続きを読む
夫の最期 病院の対応に疑問 
 昨年9月、夫=当時(67)=をがんで亡くしました。在宅で治療していましたが、連休を前に病状が悪化。休み中に、急変してはいけないと入院しました。私はいったん帰宅しましたが、夜中に病院から電話があり、5分ほどで駆けつけると夫は大部屋から個室に移っていました。 夫の手を握って付き添っていると、到着から3時間ほどし…(2015年12月1日) 続きを読む
医師や看護師が闘病の支えに 
 今年1月に、乳がんで右乳房を全摘する手術を受けました。その後、フルタイムで教諭として仕事をしながら半年間、抗がん剤治療のために通院しました。 通院時は、仕事を切り上げてぎりぎりの時間に病院に駆け込みました。看護師ら、スタッフは「今日も働いてきたんだね」「疲れているでしょう」と、温かくねぎらいの言葉で迎え入れ…(2015年11月24日) 続きを読む

中日新聞広告局 病医院・薬局の求人